スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護の出前講座をしました!

昨夜、「仮称・介護をよくする会」が、出前講座を実施しました

講師は、福山市高齢者支援課

来年度から「医療・介護総合法」が実施されますが

介護保険で要支援と認定された方が、これまでの介護給付から外れることなど、課題は山積です

8月27日に、今後のデイやヘルパーの実施について、国のガイドラインが示されました

国はどような考え方なのか?要支援者はデイサービスやヘルパー利用はどうなるのか?

高齢者のみなさん、介護事業所の皆さんは不安イッパイなので、ぜひ国の考え方を知ろう!と企画する事になったのです

昨夜は、みなさん勤務が終わって疲れているはずなのに、なんと35以上の介護事業所の方々が集まりました!

小規模デイ、小規模多機能、ヘルパーステーション、デイサービス、福祉用具、ケアマネ、施設管理者、地域包括支援センターなど、さまざまな職種の人たちが集まりました!

P1130005.jpg

最初に約1時間、市側がガイドライン、新しい総合事業について説明

その後、約1時間は質疑の時間

質疑の内容をご紹介

Q:要支援と認定された人は、来年度からもそのままのサービスが利用できるのか?

A:現在の要支援の認定が出ている期間は、基本的にはそのままのサービスが利用できる。しかし、認定期間が終われば、チェックリストでの判定か、介護保険の更新手続きをするか、見極める事になる

Q:要支援認定者のデイとヘルパーを、これまでの介護給付から外し、「新しい総合事業」に組み込むという国の方針があるが、福山市は来年度の4月から、すぐ始めるのか?

A:来年度から始められるよう準備をしている

Q:今はデイサービスでは、要介護1~5の人(介護の人)と要支援と認定された人(予防の人)が利用している。デイで同じフロアで過ごす事も今は出来ている。
しかし、来年度からは、総合事業対象者のデイ利用が始まるという事になる。それぞれ、3つのパターンの利用方法がある。この3つのパターンの利用する人が、既存のデイサービスで、同じフロアで過ごす事はできるのか?

A:同じフロアでOKとは今は言えない。国の方針を見ながら決める事になる

Q::報酬単価がまだ決まっていないが、単価が決まらないと、事業所としては来年度の経営の見通しが立たない

A:報酬単価は早めに言いたいが、国が12月に示すと思われるので、それ以降になる

P1130003.jpg
(司会進行をしたのは、社会福祉法人の施設長)

Q:緩和したサービスと、住民主体のサービスなど、デイやヘルパーでも数種類のパターンの事業があるが、国はできるだけ住民主体など多様なサービス利用を勧めるように書いてある。福山市はどうするのか?

A:今、検討中である

Q:住民主体のサービスという事は、介護の専門家の援助とは違う。質は担保できるのか?

A:基準などをつくり判断する。軽度な支援は住民主体サービスやボランティアで出来る。住民が主体のなるサービスを提供する場合は、研修など最低限のものが必要と思う

P1130009.jpg

まだまだ、質問はいっぱいあったのですが・・・・ブログでは書き入れないです

事業所のみなさん、不安が大きく、質問も次から次へと出て、時間が足りないぐらいでした

P1130016.jpg

最後に「介護をよくする会」から挨拶(現役のケアマネさん)

私たち、介護の現場の者は、非常に我慢強く仕事をしている。利用者の生活を守りたい、この想いで仕事をしています

今回の改定は、これまでの改定とは全く違う

利用者のために頑張れば経営が厳しくなる、事業所を守るのか利用者を守るのか、狭い中でせめぎ合っている状況

高齢者が増える事は、悪い事ではないのに、介護の制度がどんどん改悪されていく

まだ、来年度からの制度が決まっていない中で、本当に来年の4月から始めちゃうの?と思う

福山市はぜひ、直営の包括支援センターを作ってほしいし、地域が頑張ってサロンを実施している。しかし、頑張っている反面苦情も聞く

今後のサービスは、地域に丸なげでは良くないと思う

緩和した基準のサービスでは利用者を守る事は出来ない

さきほど、市は軽度な生活支援はボランティアでもいいと説明をしたけど、要介護状態になる手前の境目を支える支援こそ、専門性が問われるのだ

みなさん、福祉のあり方について、より良い方法を考えていきましょう

市の方も大変だと思いますが、ぜひ一緒に

挨拶が終わると、いっせいに会場から拍手が

私もケアマネさんの挨拶に心を打たれました

質疑では、市の職員さんも答えられない部分や、あやふやな答えも多かったのです

また、制度が決まっていない事もありますが

そもそも、国が示した制度内容には無理がある

きっと参加された事業所の皆さんは大きな疑問を感じられたと思います

事業所のみなさんの意見や想いを聞く機会がつくれて良かった!

介護の闘いはこれから!

頑張るぞ~!


スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

河村ひろ子

Author:河村ひろ子
 みなさん、こんにちは!日本共産党の福山市議会議員に新人議員で頑張る事になりました。17年介護の現場で働き、介護現場の声、「福祉」の声を届け全力でがんばります!
 また、二人の子どもの母親として、子どもたちに明るい未来を!と、温かい子育て環境をつくるために頑張ります。これからは、市会議員として、一人の母親としての毎日の活動をブログでご紹介します。よろしくお願いしま~す☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。